2018年10月15日月曜日

東京ゆりかご幼稚園「防災講座」に感謝!

本日は早朝から東京八王子へGO!

数年前からお世話になっている「NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク」様とのご縁で、

「東京ゆりかご幼稚園」の園長、保育士さんやスタッフの方々30名を対象に半日の「防災講座」を

行わせていただきました。\(^o^)/5つの自然体験ゾーンがある素敵な幼稚園のHPは こちら


こちらの看板からもわかるように、

「自然教育・体験教育を通して豊かな心を育む」

をモットーに掲げ、今年は「里山教育」が、

「国際教育科学文化機関=ユネスコ」の審査を

経て、ユネスコスクールに認定されたそうです。


本日は防災・減災の心理的側面から導入、全国各地での様々な取組事例等を身体を扱いながら

情報提供し、最後は年少・年中・年長のクラスや各スタッフごとに分け、様々な視点からの気づき

や不安や課題を共有、今後の防災・減災対策をどのような優先順位で実践し、どのように見える化

すれば、あらたな価値観へ繋がっていくか?というグループワークを行いました。



地域や保護者等とのさらなる信頼関係を構築するために、「安全な場づくり」に挑戦しようしている

エネルギッシュな方々はこちらです!  ※男気溢れるK先生との出会いは最高でした。(^^)v

この度の素敵な出番と出会いに心から大大大感謝! <m(__)m> <m(__)m> <m(__)m>

いつかビフォー&アフターを確認がてら、遊びに行かせていただきます!


2018年10月13日土曜日

地元の自治会対抗運動会で2年連続総合優勝!

今、我々の自治会は、自分たちで自分たちのマンション価値を上げようとしています。

築10年が経過し、ハード面は劣化していく一方ですが、ソフト面の価値を上げ、内覧する方等に

「見える化」することで、ここに住んでみたいというお値段以上の価値を上げようと努力している

最中なのです。



年末に行われる住民同士のパーティーでイーゼルスタンドをお披露目する予定です。

そのスタンドには、過去に行われた自治会イベントや防災会の訓練、またヨガクラブやガーデニン

グクラブなどの活動報告を画像付きでまとめることで、あらたに入居する住民がマンションコミュニ

ティーに加わりやすいように「心構え」をしてもらうためなのです。



そもそもマンションに入居する方々はご近所同士のコミュニティーを嫌う方も多く、子供たちにも

今の良い状況を続けてもらうため、マンションの特徴を「見える化」し、共感した方々と一緒に生活

を共にしたいという願望からのアクションでもあります。



そのような中、昨日行われた地区運動会では、大大大逆転の末、見事2連覇を達成したのです!

もちろん綱引きはアンカーを引かせてもらい優勝 \(^o^)/

その勢いで最終種目である男女混合リレーもぶっちぎりの優勝 \(^o^)/

参加した100名近くのメンバーは大はしゃぎ!!! 一体感も半端ありません。



これは偶然ではなく、日々の様々な取組がもたらした結果だと思います。

マンションという運命共同体がチームとなったら災強です。

私が目指す、理想の形が今、目の前にありますので今後も大切に育てていきたいと思います。

小学生チームレスキュー指導に感謝!

地元の青少年会館で今年度行われている「チームレスキュー」企画

毎月1回程度、防災や減災を小学生たちが学び、最後は秋の総合防災訓練で約500名程の

地域の皆さんを前に、家具の固定や救命講習等様々な防災指導をサポートするというものです。




学ぶだけではなく、最後は人に伝えるまで・・・

おかげさまで神奈川新聞でも取り上げられ、子どもより大人たちに火がついてしまいました。(笑)



本日自分に急遽与えられたテーマは「ちゃんとさせること!」 って一体何?

過去数回子供たちを見ている担当者から「人の話をちゃんと聞く、ちゃんと立つ、ちゃんと考える、

最後はちゃんと返事をする」 等々基本的な部分ができていないとのことでした。



「ちゃんと、とはどういうことか、そしてちゃんとできるとどうなるのか。」 を最初に伝え、そうなって

みたいという願望を引き出しながら、いただいた30分間で様々な実技を行いました。



結果は「やればできるじゃないか・・・」 \(^o^)/

たしかに小学校の先生は本当に大変だ!と思うことも多々ありましたが、よーく考えてみると

我々大人が子供たち一人ひとりを「ちゃんと名前で呼ぶ」こともなく、指導する基本的な部分が

出来ていないことにも気づきました。 「ちゃんとするのは大人の方」だったのかもしれません。

2018年10月12日金曜日

福島県消防学校(第20期)救助科に感謝!



本日は始発の電車で福島県へGO!

駅構内には毎回様々な展示物が飾られており

「飯坂けんか祭り」は、日本三大けんか祭りの

1つだそうです。 動画は こちら



消防学校はまるで大学のキャンパス\(^o^)/

毎回、食事をいただきながら、窓から見える

この景色に癒されております。


福島県消防学校最強軍団の方々です。

郷土愛の強い教官方は、いつも温かく迎えて

くださるので、再会するのがとっても楽しみなん

です。全員侍のようなスキのない立ち姿 (^^)v





最後の画像は、本日4日目となる教育を受け終え、筋曜日の充実感を共した精鋭の方々です。

グループからチームになるきっかけは少し共有できましたでしょうか?

最後の砦として共に闘い続けましょう! 出番と出会いに心から大感謝!<m(__)m>




2018年10月7日日曜日

「セミナーコンテスト東京」にオブザーバーとして参加!


「消防メンタル」をお読みの方はご存知だと思い

ますが、 昨年京都で行われたセミナー講師の

甲子園・セミコングランプリ2017で登壇した消防

士の方を取材、今回は2018年大会東京予選に

オブザーバーとして参加させていただきました。

予選の6名はこちら・・・皆さんスゴスギマス

採点&投票をしながら、多くの気づきや学びを

いただくことができ、連休明けからの講義ですぐ

にでも応用できるものばかり・・・

大変良い振り返りの時間となりました。(^^)v

2018年10月6日土曜日

息子の小学校運動会へGO!

息子は小学校1年生のため、幼稚園とは違う運動会の様子にオドオドしていると思いきや

全くそんな様子はなく、練習したおどりも、誰よりも声を出し、笑顔で楽しそうにおどっていました。

そして50mの徒競走では、なんと、周囲の4人をチラチラ見ながら余裕の1位でゴールイン!!!



校長先生から、「今日は全力で頑張りましょう!」と言われていただけに何だか複雑な心境です。

真っ直ぐ前だけを見て走ってもらいたかったのですが、お風呂の中でさりげなく理由を聞いた所、

友達に負けたくない気持ちがそのような行動になったそうです。 フムフムなるほど・・・



実は、前を見て走った方がもっと速く走れるよ!今度一緒に練習してみようか?と伝えたら、

「わかった!今度やってみるから走り方教えてね・・・」 と笑顔で話していました。



見た目の先入観で勝手に判断するのではなく、まずは相手の気持ち(思考や感情)を扱い、

その上で、本当はどうしたかったのか?(この場合は、とにかく勝ちたかった!)

そのためには今後どうしたらいいのか?を一緒に考えることが大切だとあらためて思いました。



他人と比べたら闘争心をむき出しにするタイプではなさそうですが、息子なりに様々な感情と闘い

息子なりに一生懸命表現しているんだということに気づかされました。



最終的には赤組に12点差をつけられ、息子の白組は僅差で負けてしまいましたが、高学年の

演技や闘争心に触発され、大興奮の1日だったようです。大変お疲れ様でした。<m(__)m>

2018年10月5日金曜日

第11回目となる「車いす江の島見学会」を視察!

江の島強力プロジェクトの関係もあり、地元のライオンズクラブが

11年間行っている素晴らしい取り組みを視察させていただきました。



車いす利用者の方々を、福祉車両を使って頂上のサムエルコッキン

グ宛まで送り届けるという企画です。



まずは、比較的混んでいない平日を利用して仲見世を上がっていき

ます。サポーターの多くはなんと現役の大学生 !(^^)!

某大学のゼミ生で、サービス介助士の資格保持者たち・・・スゴイ!






江島神社の鳥居 まで来ると、そこには福祉車両が待機中

お一人お一人を安全に搬送していくのです。

この方法で毎年10名程度の方をお届けしているそうです。


ここが特別ルートとなっている場所です。

普段の観光では入れません。

ドライバーの卓越した運転技術によって、

狭隘道路を進んでいきます。


サムエルコッキング宛の裏ルートから入場!

地元の軽救急車も同じルートで待機中でした。

信頼を得るための安全な場づくりがここでも・・

11年間の実績は伊達ではありません。



苑内では、記念撮影や宮司さんによる御祈祷

やお散歩などを楽しみ、本来でしたらお弁当を

いただきながらゆっくりするそうですが、生憎の

小雨となり、復路を急ぐことになりました。



今回はまた別の大学とのコラボでドローンでの

上空撮影も行われていました。

江の島バリアフリー計画に対して様々な挑戦

の1つに我々の強力があります。相互に補える

関係性になれるようさらに頑張りマッスル!(^^)!

2018年10月2日火曜日

秋田県消防学校(第27期)救助科に感謝!



栃木県から移動し、無事に秋田駅に到着!

今年は金足農業旋風が巻き起こりましたね・・・

素晴らしい感動を有難うございました。


「消防メンタル」を活用しながら

午前中は座学、午後も少し座学の後

屋内訓練場で実技を行いました。

荷物を置く場合でも「次への備え」を実践中

消防職人としての心構えが本当に素晴らしい。
話を聞く際もご覧の通り・・・

半端ないガタイの方々が大勢いたので、

この後、自分はボコボコにされました。(T_T)

下画像は秋田県消防学校最強軍団の方々

いつも心温まるおもてなしに感謝しております。

最後は27名の精鋭たち、多くの気づきや学び

をいただき、とっても楽しい時間と空間でした。

 



講義終了後はおススメのお店にGO!

鶏肉が大好物の自分にとって「究極の親子丼」

は最高のご褒美となりました。 (*^^)v




このブログは新幹線の中で書いております。

帰りは寂しさを感じながら、何処かで再会できる

ことを期待しつつ、振り返りをしております。

この度の出番と出会いに心から大感謝!

2018年10月1日月曜日

栃木県消防学校(初級幹部科&救助科)に感謝!

台風の関係で、急遽前日から宇都宮のホテルに宿泊を決定!

夜8時以降は首都圏のJR等が運休を決定し、翌日も始発から運行できるとは限らないため、

前泊を判断したことは間違いありませんでした。危機管理対応の1つですが、ホッとしております。



本日は初の試みということでしたが、「初級幹部科&救助科」のコラボです。

部下指導や人材育成等の課題を世代を超えた立場の方々がリアルコミュニケーションを通じて

対話することにより、相互理解が起こり、多くの気づきを共有することができました。



テキストも「消防筋肉」「消防メンタル」「防災道徳教育」という夢の3点セットをご用意していただき、

心より感謝申し上げます。 <m(__)m> <m(__)m> <m(__)m>



下画像は、様々な教育改革に取り組んでいる栃木県消防学校最強軍団の方々・・・


























午前も午後も座学中心となりましたが、最後まで一生懸命貪欲な姿勢で取り組んでいただいた

方々はこちらです。 皆さんの表情がとっても魅力的ですね! これも相乗効果かも !(^^)!


























講義終了後は、新幹線で秋田県に向かいます!

本日は大変お世話になりました。