2017年11月23日木曜日

鳥取県で真の「強力」を復活させた蔵元へGO!


「鳥取にはかつて強力(ごうりき)といわれる酒米があった。」

強力米は、丈が長く(140cm)大粒で「強力を育てるのは暴れ馬を

乗りこなすようなもの」といわれるほど、その育成に泣かされた生産

者も少なくなかった。そのような中、様々な危機的困難を乗り越え、

篤農家の心が伝わる太く力強い味の地酒がついに復活したのです。


私は、今回江の島で「プレ強力」を企画・実施するにあたり、日本全

国の強力を調べ、その中で偶然知ったことでした。今回の鳥取出張

で、報告を兼ねて蔵元へ伺う約束を果たすことができたのです。







強力の酒粕が入った羊羹

良い香りが半端ありません。





強力大集合! \(◎o◎)/!

1人で勝手に興奮しております。

「強力」というネーミングが魅力的ですよね !(^^)!



創業文政十一年(1828年)

中川酒造株式会社

蔵元の中川さんです。ダンディーな方なんですよ~

とっても温かく迎えてくださり、心より感謝申し上げます。

また、貴重な歴史や全国の強力情報をいただくことができました。

HPはこちらです。 是非のぞいてみてください。

常に旦那様の側にいて、素敵な笑顔を振りまいてくださる

奥様です。  製造工程等、ご紹介してくださり有難うございました。

どれだけ多くの方々が丹精込めてお酒づくりに関わっているのか

本当に良くわかりました。



東京オリパラで、江の島の「強力」を成し遂げることができたら、

いなば鶴 純米大吟醸「強力」で乾杯をしたいと思います。

本日の訪問でさらに勇気をいただき、決意をあらたにしました。


砂丘や市場等をご案内していただいた後、

再会を誓い合って解散

その後は有名となったカフェ「すなば」へ





駅前には様々な砂の作品が・・・






人の可能性は無限大です。

3日後は北海道へ出張します。

北海道には名字が「強力」さんという方がいます。


4日後は三重県へ出張します。

三重県伊勢市にある「株式会社ゴーリキ」様を紹介していただき

会長さんと連絡が取れたため、お会いすることが決まりました!!!



今後の全国出張の楽しみが1つ増えたような気がします。

強力行脚の旅はまだまだ続きますのでお楽しみに (^^)v

2017年11月22日水曜日

母校の日体大で在校生に「本音トーク!」



キャリア支援センターが声をかけてくれました。

健志台キャンパスへGO! \(^o^)/

正門前には大きな垂幕が・・・

本当に素晴らしい功績ですね。




広くてキレイなグラウンドです。さすが・・・

まずは前職の諸先輩方が在籍している

保健・医療学部へご挨拶

元教官の方々が温かく迎えてくれました。




そして打ち合わせ会場へ

途中の階段にはこのようなメッセージが・・・



ホールには琴欧州勝紀関の肖像画が飾られていました。

写真では伝わりにくいですが、縦が約3mもあります。

身長202㎝なので実物大に描かれたのではないでしょうか。


皆さんご存知ないかもしれませんが、日体大に学生として在籍し、

相撲部臨時コーチも務め、卒業生の1人でもあるのです。




本屋に行ったところ・・・なんとなんと!!!

スポーツコーナーに見たことがある書籍が・・・

ズームインしたらわかりましたでしょうか。

左側に「消防筋肉」が、なんと3冊も

本当に嬉しい・・・でもただでは帰れませんので

「消防メンタル」も置いてもらえるよう直談判

してきました。 (^_-)-☆





恩師の1人で

集団行動のスペシャリストでもある

清原名誉教授が書かれた

「人をつくる」~誰でもやればできる!~

即購入させていただきました。

そして思わずこちらもGET!し、準備万端の状態で教室へGO!


在校生約50名の前で、消防関係者と警察関係者4名がパネリストと

なり様々な角度から就職に関する本音トークをさせていただきました



自分自身にとってもかなり刺激的な時間となり、各業界がそれぞれ

創意工夫しながら人材確保や人材育成していることを再確認する

ことができました。 日體大生は、組織の屋台骨となって活躍できる

と確信しております。どうぞ皆さん、幸せな就職ができますように!

2017年11月21日火曜日

岐阜県消防学校(第20期)警防科に感謝!



本日は岐阜県へGO!

車内からは富士山の絶景が (^^)v

完璧なまでのシンメトリー(左右対称)ですね!

天気も良く、何だかワクワクしております。
「健康管理」としての「メンタルタフネス」

内省・目標・自己承認・メンタルヘルス不調・

志・心・技・体等のキーワードを盛り込みながら

タフネスな部下を育てるための指導や育成の

内容を中心に進行させていただきました。

集合写真後も最後に玄関までお見送りしていた

だいた皆様の姿はとっても印象的でした。感謝

2017年11月17日金曜日

消防庁消防大学校(第102期)警防科に感謝!


本日は筋肉の筋曜日 \(^o^)/

災害現場で現場指揮等を行い、リーダーシップだけでなく部下育成

や指導も担う30代~40代を中心とした働き盛り60名の方々・・・

組織の機動力は皆さんにかかっているかもしれません。

約2ヶ月に渡る教育機関の折り返し付近でご縁をいただきました。


神秘的に映った左写真は日体大同窓生の方です。

お声をかけてくださると、本当に嬉しくなりますね。

さすが、ジャージの着こなしが完璧です。 (*^_^*)


素敵な出会いの2人目は、なんと「消防筋肉17頁」に掲載されている

画像(ステアレース)のご本人でした \(◎o◎)/!

他にも画像はありませんが、様々な方々と再会したりして

とっても幸せな時間を共有させていただくことができました。



約4時間に渡り、頭と体の筋肉が振るえながら喜ぶという(笑)

貴重な体験を共有させていただいた皆さんと集合写真 (^^)v

残り約3週間を応援しております。出番と出会いに心から大感謝!


2017年11月14日火曜日

本日は月1回の妻(美紀)の日です。


本日は息子と2人で1日を過ごす日です。

ママ友たちは皆さん妻の日を知っているので、

幼稚園の送迎時に、温かな声をかけてくれます

夕食のブリ大根は、息子から「美味しい~」を

いただくことができましたが左画像は何???


実は納豆が少し苦手な息子に対し、美味しく調理すれば食べてくれるかな~という期待を込めて

「チーズ納豆せんべい」をオーブンで作ってみたのです。(*^_^*)

結果は???  3口も食べてくれました!!! \(◎o◎)/!

見た目はイマイチですが、私が隣でボリボリ食べていたら、僕も食べてみる・・・と1口目

そしたら、「あっいけるかも!」 といいながら3口目で止まってしまいました。

真中までちゃんと火が通っておらず、グニャッと柔らかいそのままの納豆が出てきたそうです。

(T_T) ごめ~ん

何となく気まずい雰囲気になりながら、無事に1日を終えることができました。

2017年11月13日月曜日

情熱家と新宿でお会いしてきました!

やっとお会いすることができました! \(^o^)/

株式会社JINRIKI の代表取締役社長 中村さんです。

車椅子利用者の方に対する情熱が半端ではありません。


今回、「強力(ごうりき)」を検証時、中村社長が考案された

製品を活用させていただいたことがきっかけで、御礼と報告を

兼ねてお会いすることが実現できました。


約150分間の貴重な時間をいただき、お互いの想いや

江の島の将来像、日本の将来像等を、熱く・熱く語り合って

きました。 この出会いは必然のような気がします。

超過密スケジュールの中、本当に有難うございました。

 心より感謝申し上げます。 <m(__)m>

2017年11月12日日曜日

本日は「家族の日」祝!結婚9年に感謝!


先週の「強力」も無事に終えた今、おかげさまで

11月9日で結婚9年が経過し、10年目に突入

しましたので、初心に帰る意味も込めて結婚式

を挙げた「山手111番館」に行ってきました。

相変わらず素敵な洋館です (*^_^*)



本日はフラワーアレンジメントの展示会のような

イベントが行われていましたので

ご覧の通り素敵な作品がズラリ・・・





こちらは親族で食事をいただいたテーブル

何だか懐かしい・・・



そしてメイン会場となったフロアで

家族3人の記念写真をパチリ (*^^)v

何だか記憶が蘇ってきますね



その後は近くの教会で「日曜学校」を体験したり

ブリキのおもちゃで有名なお店に行ったり・・・


手のひらサイズのはしご車に一目ぼれしたため

即購入、レトロな雰囲気が最高です。



その後は本日のメインであるオーナーシェフと

久々の再会を果たすことができました。

結婚式で我々のワガママを全て聞き入れて

くださったとっても素敵な方なのです。


特にこちらのビーフシチューは絶品で

妻も私も大のお気に入りなんです。

本日も満員御礼状態でした。




その後も続きます。

予約したマリンルージュに乗船し、

約60分のクルージング



先ほどランチでたくさんいただいたはずなのに

デザートは本当に別腹ですね・・・(^_-)-☆



風も穏やかだったため、

山下公園から、まずは横浜ベイブリッジ


そして横浜港を通って鶴見つばさ橋へ

生まれ故郷を船で通るとは何だか不思議です

その次は大黒大橋も・・・ 60分で3つの橋の下

を通過という非日常の体験ができました!!!


息子は大はしゃぎしながらも

妻に対して大好きな「なぞなぞ」や

「ロンポス」という遊びを夢中でやっていました。

本当に可愛い (^.^)


最後は山下公園で行われていた「大道芸」

➡(矢印)がトレードマークの男性で、人を惹きつける話術や

話すテンポや心理学を全て駆使しているかのような立ち居振る舞い

に、ついつい見入ってしまい、気が付けば300人以上の人だかり・・・

珍しく妻も声を出しながら大爆笑・・・本当に面白かったです。


帰りの車内で妻と息子は爆睡していましたが、家族の日として

日頃の感謝を伝えるには十分満足できた1日となりました。

また明日からもスイッチを切り替えて頑張りマッスル !(^^)!

2017年11月11日土曜日

中目黒駅前保育園「防災講演会」に感謝!

中目黒の駅前にあるアトラスタワーに行ってきました! !(^^)!

地上45階、高さ164mもあり、中目黒地区のランドマークです。

3階にある保育園は本日から「地域交流ウィーク」 がスタート!

園長のお人柄もあり、多くの関係者がお集まりいただきました。



災害に備えるためには、家族愛・隣人愛・郷土愛を見える化し、

有事の際にはチームで闘えるよう何処から身近なアクションを

起こしたら良いか、皆で考えながら進行させていただきました。

最後は全員でガッチリと腕組みしながら集合写真を撮影 (^^)v


楽しい時間はあっという間でしたが、さらなる地域防災力向上の可能性を大いに感じた瞬間でも

ありました。「コミュニティーさえあれば何もいらない」「地域や社会でのコミュニティーが健康寿命に

最も影響を及ぼす」 大事なことは、意図的に繋がりを作る仕組みを構築していくことです。

ただ、1つひとつのイベント等を頑張っても中々繋がらないので、ポイントは「意図的」なんです。

第3者を含めた誰かが客観的な立場でコントロールすることができれば結果は早いので、

その第3者(よそ者)になれるようもっともっと勉強していきたいと思います。


帰りのホームから撮影しました。

アトラスタワー&アネックス&アリーナ

3つがチームとなって、さらに支え合ったら

防災・減災をキーワードとしたあらたな価値観

が生まれることでしょう。出番と出会いに感謝!


2017年11月8日水曜日

消防庁消防大学校(第51期)幹部科に感謝!


前日に自分へのご褒美として3点セットを購入

今週後半に向けてのエネルギーチャージがで

きました。(*^^)v   そして本日は幹部科83名と

ご対面、研修期間の後半に突入したばかりでし

たので、Bコース?を堪能していただきました。


左写真は私と同級生の方々です。

これだけ多いと何だか嬉しいです。

皆さんの足腰の強さは素晴らしい

ものがありました。 !(^^)!


最後は全員で「タフ・ジャパーン!」

残りの期間で体年齢が戻ることを

願っております。出番に感謝!


2017年11月5日日曜日

プレ強力6時間後の「公文国際学園」防災講演会に感謝!

本日は早朝6時~ずっとこの格好です。足袋はいいですね~♪

とっても履き心地がGOODです。鳥取県の蔵元から取り寄せた強力

前掛けも気に入っています。その格好でそのテンションのままで、

夜に行われた防災講演会に行ってきました。 (^_-)-☆


会場には170名近い中・高生が集結、様々な実技を通しながら

8秒という時間の大切さ、セーフティーゾーンを決めておく大切さ、

自分や仲間を守るための行動の仕方 等々 「防災道徳教育」という

テーマで進みましたが、寮を運営する「自治会」の皆様、何か1つでも

是非行動に移してみてください。 文化として根付くまで・・・

「プレ強力(ごうりき)」ついに実現!関係者の皆様に大大大感謝!

本日11月5日(日)は津波防災の日(世界津波の日)

2011年3月の東日本大震災がきっかけとなり同6月に「津波対策の推進に関する法律」が制定、

11月5日は「稲むらの火」の逸話にちなんでいるそうです。



「プレ強力」が台風の影響で先週から順延したにも関わらず、当初の予定を大幅に上回る規模で

実施できたことは、主催者側にとっても本当に嬉しく、当日は天候まで味方についてくれました。

行政・搬送用資器材・報道・取材・車椅子利用者・強力・スタッフ等の関係者やご家族でなんと!

総勢90名近くとなりました。(29日開催の場合は5~60名の予定でした)

急にお声をかけても、快諾&集結していただいた各団体の皆様には心より感謝申し上げます。





ちなみに前々日に王将でいただいた夕食で

偶然にもラッキーなお会計が・・・777

持っています!(^^)v




この企画は、2020年のオリパラに向けて、江の島で「平成の強力」を復活させよう!というもの。

強力とは富士山や江の島等にいた荷物等の運び屋さん、「気は優しくて力持ちの象徴」でした。



「平成の強力」は荷物ではなく「人の命を通じて夢と希望を運ぶ」のが目的であり、特に江の島は

津波発生時に車椅子の利用者が頂上の広域避難場所等に自力で行くことは困難なため、

課題解決をするための1つの方策が「人々がチームとなって人力で運ぶ」という結論に至りました。

そこで、まずはやってトライ!という意味で「プレ強力」が実現することとなったのです。







 























目的に向かって心を1つにしたチームとなり、

「GO GO ゴウリキ~ ♪ ♫ 🎶 」

の掛け声でスタート!



強力として参加していただいた皆様の

笑顔がとっても素敵でした。 !(^^)!




こちらはすでに強力を職業?としているような

職人気質が漂うチームです。

手拭いの捻り方が半端ありません。





車椅子の参加者も安心して

思わず自然な笑顔が・・・

しかし、スタート後まもなく

心臓破りの長い階段が2か所も続くのです。



自転車用の輪行バッグには、ご本人の車椅子が折りたたんだ状態で

収められており、重量は15~20kg、紐が肩に食い込んできます。



頂上まで約500mの間、往路は約300段の階段が続きます。

さぁ、頑張れ~ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!





途中、下をのぞき込むと・・・ご覧の通り、

かなり上まで上ってきたことが実感できます。


ここまで来ると風がとっても心地良く、

額の汗を冷やし、疲労を癒してくれます。











頂上まであともう少し・・・

さぁ、しっかりつかまって!




こちらのチームは車椅子に専用のバーを取付け、

人力車の原理で搬送中・・・



発明された社長曰く、車椅子は押すのではなく、引くのだ!

逆転の発想で、多くの方の夢や希望が叶っているのです。






こちらのチームも同様に奮闘中!

チームの息を合わせないと不快感を与えてしまいます。

声をかけ合いながら頑張って!!!








今回の参加者の中で、未来を担う子供たちも

多く参加してくれました。

逞しいミニ強力たちは、我が家の妻が夜なべしてくれた

のぼり旗を持って「強力通りま~す!」と道を開けるサポー

ト等様々活躍してくれました。

家族みんなで参加し、それぞれにできる役割を全うする。

とっても素敵なことですね。


そして、ついに頂上へ到着 \(^o^)/  やった~!!!
 

こちらのポイントでも撮影し、江の島に来た証拠となりました。

車椅子の方々には「金メダル」を授与! 

共に生き、共に輝き、ご自分にとって金メダル級の人生を

送りましょう! という願いが込められています。


さぁ、ここからはいよいよ下山です。

途中、創業115年の歴史がある「中村屋羊羹店」で

数々の賞を受賞している「女夫饅頭」をいただきました。

糖分を補給し、元気を出して出発しますよ~




こちらのお二人、

本日、1番の注目を浴びていた「平成の強力」です。

お二人には、気は優しくて力持ちの象徴の理由が・・・


本物しか会員になれない?あのゴールドジムメンバーでした。

スゴスギマス (@_@;)

最後の下道は、全員で成し遂げたお互いをリスペクトする歌を歌いながら下ってきました。

「今日は」 「楽しい」 「プレ」 「強力」 「藤沢」 「最高」 「1」 「〇〇」 「1」 ♪ 🎶 ♬ ~

※私だけ気合を入れて足袋や「強力」という前掛けを付けていますが気にしないでください(笑)



そして、スタートの公園に戻り、チームごとにお礼を伝え、主催者側として感謝のお気持ち&強力

の歴史等をお手紙にしましたので、参加者全員にお渡しして、プレ強力は無事終了となりました。





今回、各班のリーダーとして大活躍してくれた

地元湘南工科大学附属高等学校ラグビー部の

3年生たち・・・頼もしい限りです。

(中央の女性はチアリーダーではありません)

ラグビーの精神は、何だか強力と似ています。

皆さん、早朝から本当に有難う。





今後は、参加者のアンケート等に基づいてしっかりと検証し、さらに進化した形で実践できることを

今から妄想しています。明確に妄想できることは必ず実現できますので、途中で諦めず、やりきる

覚悟がさらに強くなりました。



今、ブログを更新しているのは翌日ですが、すでに燃え尽きて「強力ロス」にかかっています(笑)

約40の団体で関わっていただいた関係者の皆様、本当に有難うございました。心より大感謝!

 <m(__)m>  <m(__)m>  <m(__)m>  <m(__)m>  <m(__)m>  <m(__)m>  <m(__)m>