2018年5月17日木曜日

「赤れんがテラス」で最幸のチームに出会えました!


赤れんがテラスは札幌駅前にあり、

「札幌の中庭」 がコンセプト!

素敵なショップ&レストランは こちら

こちらで本日の夜、打ち合わせがありました。
そしたらなんと!防災や危機管理等に情熱を

燃やす、5人の侍と出会うことができたのです。

左画像の共通点まで発覚 !(^^)!

下画像はチームK? という最幸のメンバー・・・

今後の化学反応がとっても楽しみです。

素敵な出番&出会いに心より大大大感謝!

北海道消防学校(第48期)救助科に感謝!




本日は秋田県から飛行機で札幌に到着!

駅前は本当に素敵な空間で癒されます。

22時過ぎでもまだまだ賑わっていました。






宿泊予定のホテルに向けて歩いていると

大通公園の素敵なライトアップ

ここでも癒されました。

道中に「餃子の王将」があり、誘惑に負けて注文・・・

お会計では、なんと「7・7・7」 何だか持っています。\(^o^)/

餃子にも癒されました。

そして講義当日、42名の猛者の方々と「癒し」をテーマに進行

研修1週間が経過したばかりのため、「場づくり」をメインに組み立て

チームビルディング的な実技を多く実施しました。

救助隊の方々は「地球を救うお仕事」を最前線でされています。

生涯現役で活躍できるよう今後もサポートさせていただきますので

末永く宜しくお願い致します。出番と出会いに心より大感謝!

2018年5月16日水曜日

秋田県消防学校(第72期)初任科に感謝!



本日は岩手県から秋田県に到着!

D51が飾られている素敵な駅構内です。

どんな学生たちに出会えるのかワクワクして

おります。

座学では「消防メンタル」を活用 (^^♪

GW明けの現状を踏まえ、ヒヤリングしながら

進行、「能動的&主体的」がキーワード

実技では筋肉がプルプル震えながら喜んでい

たようです。!(^^)!

左画像は秋田県消防学校最強軍団の方々・・・

情熱の化学反応が起きています。

下画像はキャラの濃い総代を中心とした郷土

愛強い学生の方々・・・ 最高の同期になるため

に勇気を出して日々挑戦していきましょう!

2018年5月15日火曜日

岩手県消防学校(第64期)初任科に感謝!


本日は岩手県消防学校にGO!

タクシー運転手さんも、釜石で行われるラグビーワールドカップの

ことを熱く語っていましたが、学校内に貼られていたポスターの迫力

に納得 \(◎o◎)/! オールブラックスはカッコ良すぎです。



5月の時期は大きく前進するために学生同士が本音でぶつかり合う

ことが必要不可欠なのです。最後はラグビー精神でノーサイド・・・

さぁ、勇気を出して挑戦してみましょう!



左画像は岩手県消防学校最強軍団の方々・・・

こちらもメチャきまってます!

学生たちはGWにリフレッシュしたためエネル

ギー全開でした。

郷土愛の強い学生が多いのでこれからの

活躍が楽しみです。 出番と出会いに大感謝!

2018年5月13日日曜日

ついに第2回目の「強力」を江の島で実施してきました!


毎年恒例「セイラビリティ江の島交流レガッタ」

が12・13日で行われました。広島・岡山・三重

等から大勢の方々が聖地である江の島へ集結

2日間かけて行うレースでは、外房に近い独特

の風を楽しみにしているそうです。


初日の12日(土)は日焼けするほどの天気に

恵まれましたが、13日(日)は風速が強すぎて

非常に残念ですが安全管理上競技は中止と

なってしまいました。

そこで、登場したのが我々NPO法人湘南

ウォーターセーフティー協会が昨年立ち上げた

「強力(ごうりき)」です。 車いす利用者に対し、

ジンリキ(けん引式車いす補助装置)を装着し、

いざ、300段の上り階段にチャレンジ (@_@;)

※ 昨年11月に行われた第1回目のブログはこちら



予想以上の急こう配に皆さん悪戦苦闘すると思いきや・・・

前回と明らかに違ったのが、究極のチームワークです。



日頃のセーリング活動を通じて顔見知り同士のサポートのため、

掛け声や声掛け1つとっても、全然違うのです。
双方の負担をかけずに、より安全にサポートすることができるか・・・

諸課題もありますが、本日の強力により新たな可能性が見えてきま

したので、大変有意義なトライとなりました。(^^♪

30分もかからず海抜約60mの頂上である広域避難場所へ到着!

さらに江の島シーキャンドルをバックに記念写真 !(^^)!

その後は約100段を下りながら「中村屋の御饅頭」で栄養補給し、

スロープを通って無事終了となりました。

最後はお二人の会長と一緒にパチリ!様々なご縁が繋がった瞬間

です。「強力さんと強力をして強力で乾杯」という妄想まであと少し。

関係者の皆様には心より大感謝! <m(__)m>
 


2018年5月11日金曜日

消防庁消防大学校(第77期)救助科に感謝!


本日は筋肉の筋曜日 \(^o^)/

全国各地から集結した精鋭の方々60名

会場には筋(緊)張感が漂います。

研修期間も半分を過ぎ、今週はずっと訓練が

続いていたこともあり、心と体の戦略的リカバ

リーを中心にBコースで実施が決定 (^^)v

脱力誘導・緊張と弛緩・シナプソロジー等、様々

な手法で体を扱いながら心も解していきます。

最後はバディで癒し合いながら残り3週間の英

気を養うことができました。地球を救うお仕事に

従事されている救助隊の方々、心から尊敬して

おります。出番と出会いに心から大感謝!

2018年5月7日月曜日

古巣(前職)から大変嬉しいメールをいただきました!


今年の秋に、古巣の様々な関係機関が連携し

「親子で学ぶ1泊の防災道徳キャンプ!」

という初企画が行われることが決まりました!

打合せではお世話になった方々がズラリ ^_^;

今からワクワク&ドキドキしております。



夜は息子の入院している病院へGO!

差し入れに「う〇こかん字ドリル」を持参

看護師さんと一緒に読み上げながら室内は

大爆笑 \(◎o◎)/!

う〇こパワー恐るべし ^_^;

1日で体調悪化→入院です


昨日まで元気だった息子が発熱し、緊急入院 (T_T)

看護師さんのイラストに癒されながらも、毎日点滴の日々

ここは家族一丸となって闘うしかありません。



自分は宿泊を伴う出張等が重なっているため、

24時間親が交代で付き添う体制では、妻に多大な負担を

かけてしまうと思います。本当に申し訳ない。

ごめんね <m(__)m>

2018年5月6日日曜日

5月6日は妻の誕生日&会社設立記念日!


早いもので5月6日を迎えました。

妻の誕生日に起業する目標を立て、実現して

から早7年が経過し、8年目を迎えることと

なりました。家族皆のおかげで継続できる

幸せを噛み締めた1日となりました。





夜は家族で遊んでいるうちに、サッカーのリフティングへ・・・

何やらボールの空気を抜いて、リフティングしながら帽子のように

かぶる練習をするハメに・・・

結局は手を使ってしまいましたが、面白かったので

全員写真に収めてみました。 (^^♪








妻も何だかんだ言いながら、一番ノリノリでした!







自分も楽しんでます。(息子が撮影) (^^)v

平凡な幸せが何より一番、また明日からも頑張ります!

2018年5月2日水曜日

宮崎県消防学校(第63期)初任科に感謝!



前日は福島県に出張だったため、自宅に戻らず羽田空港内の

ファーストキャビンに宿泊させていただきました。

とても清潔感があって快適な空間なのでお気に入りです。



コインランドリーやワーキングスペース、シャワー等の設備も充実し、

過去に何度も利用させていただきました。

質の良い睡眠時間を確保するためには空間づくりが大切なんですね


4時に起床し、身だしなみを整え準備万端!

いよいよ始発の便で宮崎県に向かいます。

どんな学生たちに出会えるのか毎回ワクワク

しますね。人と会うのは本当に楽しいです。

左画像は宮崎県消防学校最強軍団の方々・・・

多くの出番をいただき心より感謝申し上げます

下画像は素晴らしい総代以下33名の学生たち

筋曜日?ということもあり、最後の最後まで

追い込みながら何故か、筋肉はプルプル喜ん

でいました。(*^_^*) 若いって素晴らしい!

2018年5月1日火曜日

福島県消防学校(第80期)初任科に感謝!


本日は福島県へGO! \(^o^)/

どんな学生たちに出会えるかワクワクしてます


郷土愛の強い消防手たち・・・

心からリスペクトしております。


午前中の座学では、総代・副総代・サポーター

より同期の現状報告をいただき、チームが加速

するための大切な準備期間中だということがわ

かりました。 午後からはW-UPをしていよいよ

身体を扱っていきます。

鍛えること以上にケアをする事が大切です。

心と体のリカバリーする文化をつくるために

ベンチ等を使って日夜闘っております。

戦略的に回復させる行動を継続することが

生涯現役のためには必要不可欠 (^^)v

左画像は福島県消防学校最強軍団の方々・・・

今期は「信頼」をテーマに熱血教育中!!

画像からも一体感が伝わってきます。(^^♪

下画像は女性2名を含む77名の精鋭達、

無限の可能性を秘めているので、覚醒して

勇敢に闘うことを期待しております。