2019年10月11日金曜日

福島県消防学校(第21期)救助科に感謝!

本日は筋肉の筋曜日、しかも学生数は29(肉)名、なんという偶然 \(◎o◎)/!

担当教官の熱い想いが込められた行動方針は「一心動隊」

(心をひとつにして、隊で動く)という想いが込められた言葉…




原点回帰を行う為、救助隊員として「自己の身体を操れない者は他者の身体を操れない」

消防筋肉的にも「生涯現役で自分と同じ体重の人をどんな状態でも自由に操れること」

何だか目指す方向性が似ていてとても共感致します。




言葉をとても大切にした教育を行う

福島県消防学校最強軍団の方々…

下画像は教官の想いに全力で応えようと

している29名の精鋭達、相互理解・

心理的安全性・共同体感覚を醸成し、

災強のチームで奇跡を起こしてください!



2019年10月10日木曜日

栃木県消防学校(初級幹部科&救助科)に感謝!



出番をいただけることは本当に有難い

救助科に入校している多くの方々は

初任科以来の再会となります。😊

皆さんの前に立たせていただく時は、いつ

も自分の存在意義を肌で感じております。



8:2ぐらいの割合で座学を終え、

いよいよ実技に突入

このころには訓練班としてのチームビルド

が少し進み、皆さんの…心境に変化が…


癒しもテーマの1つでしたので

戦略的リカバリーを行っている様子…

身体を大切に扱うことはプロの常備消防

として責務でもあるのです。

常に高い教育効果を求め、様々な挑戦を

している栃木県消防学校最強軍団の方々…

最後は翌週の合同訓練に向けて、質の高い

人間関係を構築しようと両科が融合した

58名の学生達。見てくださいこの笑顔 !

全ては「人間関係性」に尽きるのです。

2019年10月8日火曜日

東京駅前で打ち合わせを行ってきました!




久しぶりに東京駅で下車… 変わらず

ビジネスマンの拠点となっています。




本日は駅前にそびえ立つこちらのタワー内にある企業と

打合せがありました。もちろんジャージで(笑)

ご縁を繋いでくださった方には大感謝です

企業防災の現状を知ると共に、今の自分が一体何を

求められているのか、一体何がしたくて独立したのか

深く考えるきっかけをいただくことができました。

当日はしっかり需要にお応えできればと思います。





2019年10月6日日曜日

神奈川県の体育施設でスポーツ三昧!

本日は早朝から家族でドライブ (^^ゞ

目的地は「県立西湘地区体育センター」

県主催のイベントで、子どもたちや親子で参加できるスポーツがたくさんあるのです。


まずは「走り方教室」へ

元日本代表選手から教わる息子の姿はとっても楽しそうでした。



次に「テニスコート」を借りて家族3人でテニス三昧

次の教室までのつなぎで遊ぶはずでしたが全員本気モード、修造さんが乗り移りました。



次は「グラウンドゴルフ」

これも次の教室までのつなぎです。



最後は「バスケットボール教室」へ

こちらも元日本代表選手から教わる息子の姿はとっても楽しそうでした。

やはり教え方が上手ですし、飽きさせず興味を持たせる話術にはかないません。



翌日、何故か一番筋肉痛になっていたのは妻でした。

元テニス選手のため相当本気モードだったのでしょう。8歳の息子相手に… ^_^;



2019年10月5日土曜日

おかげさまで母が88歳(米寿)を迎えました!


母は自分の人生のロールモデルです。

その母がついに88歳を迎えることになり

ささやかですが、家族でお祝いをさせて

いただきました。







美味しい食事をいただいた後は

こちらの石けんで作られたお花をプレゼント \(^o^)/

香りも含めて約1年間は長持ちするそうです。

さらに、妻が選んでくれた過去の新聞記事

10月5日に起きたことが全てまとめられています。

昭和・平成・令和の時代を生き抜いている母は

今の時代を想像していただろうか。

今は人生100年時代、まだまだ自分の人生を

エンジョイしてもらいたい。

そして息子が20歳になる日を共に迎えたい・・・

福祉避難所運営のシミュレーション体験に?

このような訓練はめったにないことなので、参加させていただきましたが、

正直ちょっともったいなかったかな~という感想です。



せっかくリアルな現場で行えるのに、しかも市内の福祉関係者が集結している環境で、

ファシリテーター自身も良く理解されていない中、ゲームのみで終わってしまいました。

ゲーム感覚で机上訓練を行うことは悪いことではないのですが、やりっぱなしが多いのが

問題なのです。



やはり大変だよね~、事前に話し合いをしていないと駄目だよね~ 等々

お決まりの感想が並び、最後は全員「誰かがやってくれるだろう」と他力本願で終了。



行政職員も挨拶の中で、福祉避難所については全く何も決まっていない状況ですと

堂々と宣言する始末…全国各地で災害が多発し、多くの避難所で課題が浮き彫りになって

も行動に起こさない心理こそ「災害心理」として最大の敵なのです。

愕然とした半日となりました。



3:6:1 → 4:2:4へ

どげんかせんとやばいっす ^_^;

2019年10月4日金曜日

東京ビックサイトで災害時要配慮者について学んできました!


特に「福祉避難所」に関して大規模な災害

が発生する度に課題が浮き彫りになります

そこで来月から大きな動きがある中で、今

回のセミナーを受講してきました。会場に

は約200名ほど満員御礼で立ち見の状態



講師の情熱に圧倒されながらも、多くの気づきや学びをいただくことができました。

社会的な構造として災害に対するバランスが崩れてきている中で我々は地域防災として

何をどのように実践していけば良いのか。深く考えさせられるきっかけとなりました。